本の紹介

【書評】わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本

本

こんにちは! 読書大好き、ねこぽちです。
今回は、『わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本』という本の書評です。

自分でWebサイトやアプリを作りたいという思いから、最近プログラミングの勉強をはじめました。

Progateという無料サイトでプログラミングを勉強中ですが、なかなか理解が進みません。

やはり、本を見て、基礎を理解した方がよいと思って探した結果、見つけた本がこの『わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本』です。

はじめは、HTML&CSSのことが専門的に載っている本を買おうかと思いましたが、もっと基本から学ぶのも良いと思って購入。

大正解でした!

この本を読んで練習しても、HTMLやCSSができるようになるわけではありません。

しかし、Webサイト全体の流れを理解するには非常に役立ちます。

今までなんとなく使ってきたものの意味がわかるために、これを読んだあとにHTMLの練習をすると理解が深まりました!

著者のプロフィール

著者は「湊川あい」
現役のWebデザイナーの方です。大学卒業後にベンチャー企業に入社。そのときに、企画・制作・運用まで戦略を一貫させることの重要性を学ばれました
その経験を、『note』というSNSに「マンガでわかるWebデザイン」として公開していたところ、出版の声がかかったそうです。

本の概要

気になる本の中身ですが、webサイトを作ったことのない女の子(わかばちゃん)が企画~公開~分析までを行う流れになっています。
マンガの部分はごく一部で、ほとんどがしっかりとした説明になっています

具体的には

Webサイトの企画 → 企画をデザイン化 → HTML → CSS → javascript → jQuery → PHP → サイト公開 → サイト来訪者の分析&改善
となっています。

実際の現場で行われる流れが理解できるように書かれています。

また、サンプルデータをダウンロードすることができます。

それを使って、それぞれの言語について概要を掴みつつ、簡単なコードを書く練習もできちゃいますよ。
私としては、jQueryのプラグインの導入はすごく勉強になりました。

サイトを公開したあとの分析についても書かれているので、ブログをこれから始めようという方は見ておいて損はないですね

感想・批評

一言でいえば、めちゃめちゃよかった!

いままで、頭の中でふわふわしていたものがハッキリとした形になったような気がします。

HTMLとかやってみたけど、よくわからんなーっていう人にはおすすめの一冊

この本の特徴は、このHTMLやらCSSやらjavascriptがどのようなものかを簡単にマンガで表現してくれるところ。これが、めちゃめちゃわかりやすいです!

しかも、HTMLが生まれた背景なども簡単に説明してくれるので覚えやすいんですよ。

例えば、HTMLはもともとヨーロッパの研究所で論文を整理するために生まれました。

このことから次のようなことが想像できます。

HTMLにできるのは、

  1. 見出しを作る
  2. 本文のテキストを作る
  3. 画像貼る
  4. 表を作る
  5. 関係のある論文を参照するためのリンクを作る

これぐらいしかない。なぜなら、これだけあれば論文には十分だから。

しかも、論文だから、ただ上から書いていけば良いので体裁を整える必要もなし。

なるほど。だから、HTMLだけだと上からずらずらと書くしかないのか。

と。

こういうことを想像しながら読むとなおさら理解が深まっていきますね。

これからHTMLを始める人。Webデザイナーになりたいぞっていう人にはおすすめの一冊です!

おしまい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です