映画

【ネタバレなし】ぼくは明日、昨日のきみとデートする。 

movie

こんにちは!
映画大好き、ねこぽちです。

もうこれで最後の出会いだと分かっているとき、あなたは笑顔でいられますか?

この映画は一つ一つの出会い、思い出の大切さを教えてくれます。

この映画は、

  • 日々をなんとなく過ごして、虚しさを感じている人
  • 大切な誰かを傷つけてしまった人

こんな方におすすめです!

あらすじ

美術大学に通う主人公、南山高寿。彼は、大学に向かう電車の中で、一人の女性に目を奪われた。

ひとめぼれ

はじめての感覚に戸惑いながらも、彼女に声をかける。

福寿愛美。初めて出会った彼女は、まるで声をかけられるのを待っているようだった。

別れ際

「また、あえるかな?」
「あえるよ。また、明日」

高寿の言葉に、そう返してくれた彼女。

テンパっていた高寿は、連絡先も交換せずに別れてしまう。

しかし翌日、高寿が課題の写生をやっている動物園に現れた愛美。

その日から、二人はだんだんと仲を深めていく。しかし、仲良くなるに連れ、不思議なタイミングで愛美は涙を流してしまうのだ。

はじめての告白。
はじめてのデート。
はじめて手をつないだとき。
はじめての……。

そして、彼女と出会って15日目を堺に、高寿と愛美の運命は”すれ違って”いくのだった。

ここがよかった!

高寿と愛美が、お互いを思いやって成長していく姿! 感動です!

あとからきづかされ、相手の優しさに涙してしまう高寿。

最後だとわかっていても、笑顔の絶えない愛美。

めちゃめちゃ切ない。

一日一日の大切さ。
一つ一つ思い出をつくることの愛おしさ。

を教えてくれます。

そして、物語が進むに連れて、ああ、あの表情はそういう意味だったのか。
だから、あの隠し味だったのか。

と、謎が解き明かされていくときの納得感。

思わず見返したくなる映画です。

感動する映画がみたい! という人は是非みてください!

最近、パートナーを大切にできていないなって人にもおすすめですよ!

印象に残ったシーン

これほど印象に残るシーンが多い映画はありません!
一つ一つのシーンに明確な意味が込められています。全部良いのですが、あえていうなら次のものですね。

  • 愛美が節目に見せてしまう涙。その意味を知ったとき、あなたも泣かずにはいられないでしょう。
  • 主人公、南山高寿の成長。自分のことだけでなく、相手のことも思いやれるようになっていく姿が印象的です。
  • 高寿が愛美の肖像画を書くシーン。彼のありったけの愛が込められています。

こんな人におすすめ

  • 泣ける映画をみたい人!
  • 日々の生活の大切さを忘れてしまっている人
  • 一つ一つの行動を惰性でやってしまっている人

こんな人が見てくれたら、人生観が変わるかもしませんよ!?

総合評価

星5つ
とにかく素晴らしい作品でした!

終わったあとに流れるbacknumberの『ハッピーエンド』の歌詞は、まさにこの映画のために作られたものでした。
後半ずっと泣きっぱなし間違い無しの一本。

最近感動が足りていない人は、潤いの一本としていかがですか。

原作も読んでみたいと思います。

おしまい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です